組合情報

[組合長挨拶]

JA四万十は、「陽光注ぐ美しい緑の大地で、豊かな自然と国民の食料を守るために、協同して 農業の発展を追及し、心豊かな共生の郷(さと)づくりを目指します」を基本理念に掲げてJA運動を展開しています。私たちのJA管内は、高知市と足摺岬との中間点に位置し、緑多い山、 美しい四万十川、大きな太平洋という自然がいっぱいの町です。主に、海抜230mの台地部では 2千haの水田を有し、夏は昼夜の大きな温度差が良食味米を育み、県内で大変おいしいと評価 が高い仁井田米・大野見米の産地です。そのほか、日本一の生産量を誇るショウガをはじめ、 ニラ園芸、養豚・酪農・肉用牛などの畜産、海岸部では温暖な気候を活かしたミョウガやピーマン、 葉タバコの栽培が大変盛んな農畜産業の町でもあります。畜産で排出される糞尿を堆肥化して 農地に還元、化学肥料を極力少なく天敵を利用して農薬を減少させるなど、自然や環境を守る エコ農業にも力を注ぎ、「安心・安全な農畜産物の生産」は私たち農業者の責務であることを 認識して、生産活動に取り組んでいます。農業とは、「国民の食料を守ると同時に命を育む産業」 なのだということを充分認識し、自然・人・地域が共生できる取り組みを重視して、地域農業が さらに発展できるよう、JAとして貢献してまいりますので、多くの皆様のJA四万十に対する ご支援ご協力をよろしくお願いいたします。

[経営理念]

ヒューマンライフ四万十 
透明な水と肥沃な土、燦燦たるひかり、それらが織り成す農耕文化の継承
空青き四万十台地にみのる21世紀の創造的な生命産業としての農業発展
すべての人々のライフサイクルに応じて芽吹く心ゆたかな《共生の郷》づくり
この道標のもとに私たちは協同の絆を強めここに美しい地域環境保全JAを築く

[基本方針]

1 地域農業の振興
2 出向く体制の充実と組合員の満足度向上
3 次世代対策と地域貢献による、豊かな地域社会の実現
4 組合員の参加・参画と加入促進
5 健全経営の確立

[その他]

[連絡先・アクセス]

四万十農業協同組合
〒786-0008  高知県高岡郡四万十町榊山町586-2
お車で/ 高知自動車道四万十中央インターから約8分
窪川警察署・四万十町役場新庁舎前
営業時間:8:30~17:00
TEL:0880-22-0003

MAP →


事業内容
組合情報

生産組織代表者会

JA四万十の生産組織や利用組合の代表者21名で組織されている生産組織代表者会。各生産組織等が連携・協調することで、各生産組織の活性化や地域農業の発展をはかることを目的に組織されています。 行政やJAとの意見交換会、JAの地域農業振興計画の進捗等についての検討、園芸品販売拡大大会や市場要請、野菜品評会等を行っています。

青壮年部

青壮年部は現在50歳以下の管内園芸・畜産農家、農業後継者など約75名から構成されています。 青壮年部では、地域振興も兼ねたイベント参加や小学生を対象とした食育活動、スポーツ大会や交流会等も行っています。また、研修会などへも参加し、地域の担い手、リーダー育成、そして農業の仲間づくりを目的に活発な活動を行っています。

女性部

部員相互の連絡提携と自らの意識によって協同意識の高揚をはかり、JAをよりどころとした実践活動を通じ女性の地位の向上と明るい豊かな地域を築くことを目的として活動しています。 各支部での活動や文化教室、家の光記事活用グループなどの生きがい作りから、直販所でのミニミニお料理教室、イベントでの料理作りなど楽しみながら「食」の発信をしています。

ページトップへ戻る